FC2ブログ
topimage

2019-12

ひょっとこ踊りとは - 2015.06.19 Fri

こんにちは!

今回は、「ひょっとこ踊り」の由来についてお話しします。



【ひょっとこ踊り】

由来は昔、オカメという美人と村の若者ヒョウ助が結婚したが子供に恵まれず、

毎朝二人はお稲荷様に豆ん飯を供えて祈願していた。

ある朝、空腹だった神主が供えてあった豆ん飯を食べた。

それを見たお稲荷様が怒って姿を現したが、お稲荷様は美人のオカメに目を奪われて、

狐のまま姿を現し、おかめの気を引こうとする。

美人のオカメに惚れていた村の若者も集まり、一騒動が起こり、

このときの様子が踊りになったという。



現在伝わっているひょっとこ踊りは、

宮崎県日向市の塩見永田地区に伝わるこっけいな郷土芸能で、

別名橘踊り、ピーヒョロ踊りともいう。

1908(明治41)年、塩見で眼科医をしていた橘公行が

付近の青年たちに教えたのが始まりと言われる。

狐、おかめ、ひょっとこの面をつけ、赤い着物に白い帯、

褌姿で笛・鉦(かね)太鼓のピーヒョロロ、ピーヒョロロのリズムに合わせ、

首や腰を前に突き出したり、手足をこっけいに動かし、踊りまくる。

現在では「ひょっとこ祭り」という行事もでき、宮崎県日向市の名物踊りとなった。


                            「日向市の歴史」より引用




松の本・今古賀商店街組合では、

地域の活性化、伝統文化の触承などのため、

組合加盟店が中心メンバーとなって運営組織を立ち上げ、

各イベントで披露しています。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

びっくり! «  | BLOG TOP |  » 始まりました!!ひょっとこスタンプカード 第2弾 

プロフィール

松の本・今古賀商店街組合

Author:松の本・今古賀商店街組合
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
はじめまして (1)
お知らせ (14)
イベント・セール (13)
ひょっとこ踊りとは (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR